日本共産党千葉県印旛地区委員会

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月15日の終戦の日、萩原陽子議員、木崎としゆき議員、鴨志田地区委員長が訴えました。

<<   作成日時 : 2016/08/16 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


8月15日の終戦の日の夕方、佐倉市の寺崎交差点前で萩原陽子市議会議員、木崎としゆき市議会議員、鴨志田安代地区委員長が、平和の思いをそれぞれ訴えました。

萩原市議は、佐倉にも悲惨な戦争の記憶があり、佐倉民俗博物館にその展示がある事。日本国憲法が大切、憲法9条を守ろうと訴え、また、新しい呼びかけ『12条しよう!』を紹介し、日本国憲法12条「この憲法は国民の不断の努力が実現する」この「不断の努力」を一緒に、みなさん『12条しましょう!』と訴えました。

木崎市議は、アベノミクスの失敗は明白。そんな中軍事費が過去最高の5兆円に。その裏では1億総活躍社会と言いながら、どんどん社会保障の切り捨てが行われている事。新しくできたショッピングモールの労働者も殆どが派遣やパート、アルバイトなどの非正規労働者、アベノミクスで増えた労働者のほとんどはこの非正規である事。人間らしい豊かな生活の営みを奪い去るアベノミクスを退場に。そして戦争法、安保法制を廃止にと訴えました。

鴨志田地区委員長は、戦争法の具体化を許さない、自衛隊の皆さんを殺し、殺される戦場に送ってはならない、、かけつけ警護をさせてはならないと訴え、また、野党共闘の広がりを更に、そしてその背中を押してくれた国民的な市民運動をより発展させようと力強く訴えました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月15日の終戦の日、萩原陽子議員、木崎としゆき議員、鴨志田地区委員長が訴えました。 日本共産党千葉県印旛地区委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる